世界農業遺産 能登の里山里海 GIAHS Noto's Satoyama and Satoumi

農林漁業によりもたらされる多くのめぐみ、
守り伝えられてきた祭礼や伝統技術、
美しい景観、豊かな生きもののつながり……

[ 能登の里山里海について ]

「能登の里山里海」は、日本列島のほぼ中央に位置する石川県の北部、日本海に突き出た能登半島の4市5町に広がっています。2011年6月、新潟県佐渡市の「トキと共生する佐渡の里山」とともに、国連食糧農業機関(FAO)により、日本で初めて世界農業遺産に認定されました。

世界農業遺産「能登の里山里海」
ロゴマーク

里山里海マップ

[ 世界農業遺産とは? ]

世界的に重要な農業地域を未来へ引き継いでいくため、国連食糧農業機関(FAO)により2002年に開始されました。伝統的な農林漁法、伝統技術、農村文化や景観、生物多様性などを構成要素とした「地域システム」を認定し保全することを目指しており、正式にはGlobally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS:ジアス)といいます。

里山里海マップ

[ 「能登の里山里海」が10周年を迎えました ]

世界農業遺産の認定から10年を契機に、2021年10月には、中能登地区、奥能登地区の2会場にて10周年記念フォーラム、同年11月には、七尾市和倉温泉を主会場に世界農業遺産国際会議2021を開催いたします。

[ CONTENTS ]

[ MOVIE ]

世界農業遺産 能登の里山里海

PAGETOP